『否定否定』

 

 

 

「否定観念を否定」してしまう人は多いようです。いわゆる、否定への否定です。

 

そういった場合、自分に対しても「否定はいけない」と制限を設けているだけではなく、

自分の身の回りや、出会った人に対しても、同じ基準で制限を設けている事が殆どです。

 

勿論、本人は自分や人に対して『裁いている』つもりはありません。

自分や他人の良いところを一生懸命見ようとする行為でもあるからです。

 

ですから、何かに対して否定していると感じる人に出会ってしまうと「なぜそんなに人

を否定するの?悲しい」と悲しく感じたり、「なぜもっと大きな気持ちでいい所を見てあ

げようとしないの?」といった風に、一般的には『情に溢れて慈悲深く優しいとされる

振る舞いや考えかた』をしたくなったりします。

 

そしてさらには「まだまだ心の狭い人たちを癒してあげたい」という風に発展していった

りもします。いわゆる前向きさも有り、優しさも有ります。

勿論そう思うこと自体は別に悪い事ではありませんよね。

 

ただ、問題なのは、そこに罪悪感をもってしまい自分が出せない、など、自己犠牲が生

まれてしまっている場合。

また、『否定に対して自分も否定している』という事実に気が付いていないことです。

 

 

自分と同じように『慈悲深く考えられない人、大きな目で他人を見てあげられない人』

を否定し、そして「そんな人たちが多すぎる」ことを『自分の悩み』のように抱えてし

まい、自分の大切な大切な“今”に意識を向けられなくなってしまっています。

そこに気が付かないのはもったいないことです。

なぜなら、自己犠牲というのは、誰を傷つけるのでもなく、自分のことだからです。

 

そもそも「裁かずに大きい心で人を見てあげたい」と思うこと自体は悪い事ではありま

せんし、ある意味そういう人になりたい、と思うのも、純粋な想いと資質があるから

です。

 

しかし、自己犠牲をしてしまうと、キャパオーバー(自分の許容範囲を超えること)に

なってしまった時、結局理想どおりには発揮出来なくなるだけでなく、本来の資質で

ある優しさやゆとりまでも失いかけます。

 

 

それだけでなく、もっと無意識の感情の中には「みんながもっと気付いてくれないから、

世界が危ない。だから私は悩んでいるし、みんなもっと変わらなくちゃいけないのに。」

と、自分の悩み、苦しみは「みんなが気が付かないからよ!」と他人のせいにしている

事に気が付いていないこともあります。

 

もっとややこしくなってきますと、「人が恐い。人に傷つけられるのが恐い」という風に、

被害妄想的になってしまいます。

 

 

なぜなら、表面的にはとても『慈悲深く優しい人』という認識で見られているために、

それを自分で壊せなくなるからです。それを壊す事は『恐れ』だからです。

人を否定しない自分、いい人の自分、他人のいい所を見てあげようとする自分を

壊すのが恐いのです。

 

だからこそ、「優しく慈悲深い、人間が出来ているはず」の自分が「人を否定したくなる

ような現場」に居合わせると、もしここで思うままに感情的になったり、人を否定する

ようなことをしてしまったら、せっかく作っている『理想の自分を保てなくなる事』

強い恐れを抱き、人が恐いと思ってしまうのです。

 

 

「人が恐い、人に傷つけられる」というのは、実は

「理想の自分が壊される事への恐れ」でもあります。

 

 

自分ですらまだ認めていない、いや、見るのが恐い、有ると思いたくない自分の感情を、

他人に見透かされたり、認識されたりする事がとても恐いのです。

 

だからみんな『人に否定されないような』いい人、優しい人、慈悲深い人、心の広い人、

オールOKな人になろうとする。そういう良い自分が表に出ていれば、そこをつつかれる

事が少なくなりますから、楽な気がしてしまうのです。

 

そんな風にして、自分の中にある感情を閉じ込めてしまっている事も、充分自己犠牲で

はないでしょうか。

 

勿論わざわざ感情があるからといって、なりふり構わず感情を出して自他共に傷ついた

りするのも問題です。ややもすると、それも自己犠牲です。

 

まだ、感情を出す事に嫌悪感や、恐れを感じるのであれば、勿論無理に出す必要は無い

でしょう。特に「感情=人を傷つける、迷惑をかける、」という考えが残っているうちは、

まず自分で自分の感情をもっともっと見ていく必要があります。

 

 

否定や感情に対して否定感がある場合は、

「私の感情は本当に人を傷つける為に発生しているのか?」

「私の感性は本当に人を否定する為に発生しているのか?」

と自分に問い掛ける時間を持ってみてください。

 

「誰かを傷つけるために発している感情」と、「結果として誰かを傷つけてしまった感情」

これらは、同じ感情でもまったく別のものです。

 

自分と向き合う事をしないことには、否定への否定、まさに『否定』は消えません。

もちろん他人の『否定感』を「消したい、無くしたい、そんな人が多くて悲しい、癒して

あげたい。」と思っているうちは、自分のなかの『否定感』も消えません。

 

自分と違った人生を生きてきた他人が、自分や人と違った意見や感性を表現して

いる事を『否定』と受け取って相手を裁くか、それとも『表現』と受け取って刺激

をいただいたことを喜ぶか。

それも貴方が選んでいる事であり、自由に選べる事です。

 

そしてまた、

 

自分が人と違った人生を生きてきたからこその感性を、人を傷つける『否定』と

して閉じ込めるか、それとも純粋な『表現』として気持ちよく出していくか。

それも貴方が選んでいる事であり、自由に選べる事です。

 

ここで言う“出す”というのは、必ずしも言葉に出す、という意味では有りません。

“出す”とは閉じ込めないということです。(言う、言わない、の次元ではなく、自分の

感性を自分が認めているかどうかです。)

 

 

もちろん、私がここに書いてきた事も、正しさや、真実って何?とかいう基準で自分に

も他人にも押し付けたりしないようにしてください。

 

「否定を否定する事はいけないことなんだ」なんて思ってしまいますと、また新たな

否定を作り出すだけですから。

 

 

例えばこの文章でさえも、貴方次第で「この文章は否定を否定する事への否定だ!」と

取ることもできるし、「この文章は、一つの表現なんだ」と取ることもできる。(^^)

貴方次第で、どこに共感するか、どう選ぶかも自由なんです。全部選べます。

 

 

要は、豊崎がどんなつもりで書いてるか?とか、これは真実なのか?とかいう事よりも、

読んでみて自分がどう感じているかということの方が重要なのです。

 

 

これを読んで共感してくださる方も多いでしょう。また、ドキッとしたり、嫌な気分に

なったりと、様々な反応も有ると思います。それも自由です。

ですから、どういう反応をしている人が正しいとか正しくないかとか、そういう視点で

考えてしまうと、またややこしくなります。

自分に何らかの反応があったのであれば、まずはそれをそのまま、実感してみてください。

 

 

(ここから先の文章に書いてある事をやってみるかみないかも、また、選べます。)

 

特に、ちょっとでもドキッとしたり、嫌な気分になった方は、自分が否定された気持ち

になっているかもしれません。でも、それはそれでチャンスです。

この文章に対して反応するだけの否定的な思いがあるからこそ、否定された気持ちに

なっているということに気付いてください。

そして、それを隠さず自分の内側で表現してみてください。

 

「否定を否定している自分」に出会えた方は、自分で自分に「おめでとう!」と言って

あげてくださいね。

 

「否定感を出しちゃいけない。自分の中にあってはならない。」と自分を裁いていた人が、

「私の中に否定感があったんだ」と思えることは、とっても勇気ある素晴らしい事だから

です。その瞬間、貴方は貴方が等身大でいることを許したのですから。

 

そして貴方が貴方を許す事は、誰も傷ついたりしないという事を実感してみてください。

 

 

貴方の大切な大切な表現を、貴方らしく表現出来るといいですね。

 

 

2001212日 イルカんち 豊崎優子

 

 

 

 

光のしずく目次へ戻る

 

 

*よろしければ、ご意見ご感想などをお寄せください*

 

 

 

 

イルカんち まっぷへ戻る