ヒーリング&リーディング

体験レポート

 

 

だからこその責任

   

 (大阪府 yukio さん)より

---

 

 今回は3回目だったんですけど、非常にわかりやすいセッションでした。

そして最高に笑った。毎回笑ってるんですけど、今回も笑いました。録音テープ

を何度か聞いたんだけど、聞きながらも笑った。

1回目、2回目も合わせて聞いてみたんだけど、ずーっと一貫したテーマがあって、

しかも着実に成長しているのでこれはもう手放しで自画自賛しました。

 

実は1回目の時に「★★を★★するような★★を放つ存在である。けど今はそれ

を認めるのが怖い」ということが出たんですが、3回目の今回で、自分がそうい

う存在だってことをハッキリと認めざるを得なくなり、さらに認めたがゆえに動

かざるを得なくなり、また違った意味で怖さ全開になってしまいました。

  

2回目の時「自分は何か」ということがわかったんだけど、今回は結果的に

「だからこその責任」みたいなことがわかってしまいました。。。

理解している以上は無責任に放棄できないし、責任を負うにふさわしい資格って

いうのも常に問われるわけで、でも、それが自分の道なんだよな。。っていうと

ころがもう、ああああああーーー(ヤケ)って感じなんですよね。

 

「本当に自分自身であること、これ自体には苦しみも葛藤ない。しかし、

本当の自分自身でいることは世間や他人との間に摩擦を生むことがあり、

そこに苦しみと葛藤がある。真実と偽りは出会うと化学反応を起こす。

ただそれだけのことです」

  

というのは前回の感想文で自分が書いたものなんですけど、まさしくこれです。

単なる化学反応だとはわかっていても、やっぱり、葛藤はあるし恐怖は恐怖だし、

私は人間なんだってば!と思います。

それでも、自分の本質、エネルギーレベルっていうのがハッキリとわかってしま

うと、もう、ふさわしい場所にしかいられなくなりますね。不要なものから自由

になれていいことなんだけど、やっぱり、生身の人間としては、未来がわからな

いだけに不安でいっぱいになります。

  

もう、しかたがないです。腹をくくれる時期までもうしばらく あがきつつ、最

終的には諦めてその道に立つんです。

いや、自分が一番よくわかっているし、わかっていたことでした。前回もそうだ

ったんだけど、わかってるくせになんかこう、トヨちゃんのセッションで確かめ

るっていう感じなんですよねー。私って・・・(遠い目)。

 

毎度のことながら、本当にありがとう。そして、今回もありがとうございました。

 

---

 

yukioさん、お便りありがとうございました。

 

「だからこその責任」

本当にそうですよね。自分を知ること、これは誰もが望むものかもしれません。

でも、本当に知ってしまうと、この「責任」に出逢います。

自分の深いところの望みを知ってしまったことで、そこに向かいたい自分と、

恐いと感じる自分と、葛藤が出てくることはよくありますよね。

でもこの葛藤が自分の中にあることを直視できるていることも、とっても素敵

ですね。これは大切な『力』だったりしますよね。

 

>もう、しかたがないです。腹をくくれる時期までもうしばらく あがきつつ、

最終的には諦めてその道に立つんです。

 

うふふ。楽しみですね〜(^^*)

yukioさん、ありがとうございました

 

               ☆豊崎☆

 

 

 

 

体験談目次のページへ

 

 

 

イルカんち・まっぷへ

 

 

 

HOME