ヒーリングリーディング

体験レポート

 

 

                    自分が心から喜ぶ事を最優先に、

自分にも優しく認めてあげたい。

 

兵庫県 コスモス さん01.5.5

---

 

豊崎優子様

こんにちは。〇月〇日のセッション、本当にありがとうございました。

あのセッションの後、いろいろ頭で考えるのを少しお休みして、ボーッとしている時間(私が大好きな時間)を大切にしています。

 

セッションを受けて、私はすごく楽になりました。

今まで、“何にもこだわらず、自由に生きよう、あるがまま”なんて頭で思っていても、その中にも制限があって、ここからここまでの自分なら何をしてもOK、でもここからは絶対にしない方が良い(人を悪く思うこと、落ち込んだり暗くなって心配したり、不安になったり、いわゆるネガティブと見られること)なんて範囲を決めていたんですね。

無意識に無意識に、“私はこういう世界を知っているんだから、こういう人間でいなくっちゃ”と理想を押し付けて、そうじゃない自分を否定していたんですね。

 

セッションの中である言葉をいただいた時、ハッとしたんです。もっともっと自分を愛してあげたい。自分の心も体も気持ちがいい、心から喜ぶことをもっとしてあげようって。無理をしないで、焦らないで、自分と向き合って行きたいって。

 

少し前から瞑想を始めて、自分の内なる声を聞きたいとずーっと思っていました。でも、焦りが先に立ってしまって、又、瞑想するという状態が最優先になってしまって、心が落ち着き喜ぶという状態ではなく、緊張して“私の心の声、心の声”と焦り、求めすぎていたんです。

 

だから、優子さんが「瞑想も気持ち良いのならどんどんやって、そうでなければ休んだ方がいいですよ」と言われたときは、何かホッとする自分がいました。どんな精神世界の本やHPを見ても、『瞑想のすすめ』は必ずあるじゃないですか。うーん、またここでも自分を縛っていたなって感じでした。

 

誰にも迷惑をかけようなんて意志はない私の純粋な欲求であれば、どんどん叶えてやっていいんだって。本当、そうやって考えると、どんどん気持ちが楽になりました。

 

まず、自分が心から喜ぶ事を最優先に、自分にも優しく認めてあげていきたいです。そうする事が、キャパシティーオーバーの問題をも自然に解決していってくれるでしょうね。

 

今は、私は何のために生まれてきたの?私の心の声を聞きたいと、強く望むのではなく(もちろんそう思ってもいいのでしょうが)ボーっと心穏やかに、自分と共にいたいです。そうする事で、楽しい活力が湧いてきそうです。

 

また、体のことも、まだチラチラ心配したりする事もありますが、生について、考えるべき時なんだと受け取って、深刻にではなく真剣に考え、また心の趣くままに興味のあること(ヨガ)に挑戦しつつ、見つめていきたいです。

 

優子さんには、本当に沢山の気付きを頂くサポートをして頂き、感謝の言葉もありません。ここにいても、何度もテープを聞いて、優子さんのあたたかいエネルギーをもらっています。

ありがとう。またお会いできるのを楽しみにしています。

 

==================================

以上コスモスさんより

 

 

コスモスさん。とても素敵なお便りありがとうございました。

 

>無意識に、“私はこういう世界を知っているんだから、こういう人間で

いなくっちゃ”と理想を押し付けて、そうじゃない自分を否定していた

んですね。

 

このことは、沢山の方が体験されているのではないかと思います。

私自身も、自分を信頼するまでの過程で無意識に行っていた時期があり

ました。後で気が付くんですよね、力が入っていたな、って。

でも、このことに気付いた、というよりは、そんな事実を認めた瞬間から

何かがはじけたようにも思います。

 

自分が心から喜ぶ事を最優先に・・・この言葉もとても心に響きますね。

これからも、コスモスさんらしい時間を過ごしてくださいね。

ふ〜んわりと♪

 

コスモスさん、ありがとうございました。

 

 

体験談目次のページへ

 

 

 

イルカんち・まっぷへ

 

 

 

HOME